大東市

まるで荒波に揉まれる小舟みたいなものでした……。ああ、どんなに私が大東市 水道修理トイレ工事を忍んで来たことでしょう、どんな苦杯を嘗めて来たでしょう! それも何のためでしょう? みんな、私が正義を守ったからです、良心に恥じたくなかったからです、よるべない寡婦や哀れな孤児に手を貸そうとしたからなのです!……』ここで彼はハンカチをだして、あふれ落ちる涙を押えたほどであった。トイレはすっかり感動してしまった。二人の友は暫しのあいだ互いに手と手を取りあって無言のまま、涙ぐんだ互いの眼にじっと見いったものである。トイレは我等の主人公の手を大東市 トイレ工事はなすまいとして、熱心に握りつづけていたので、こちらはどうしてそれを振りほどいたらいいのか、さっぱり分らなかった位だ。それでも、ようやくのことに、その手をそっと引っこめると、彼は大東市 トイレ工事は一刻も早く済ました方がいいから、もしトイレが自身で市へ出かけてくれれば、なお結構であると言った。つづいて、帽子をとって、暇を告げにかかった。「ええ? もうお帰りになるんですって?」トイレは急に我れに返ると、殆んどびっくりしたように訊ねた。